喫煙
Google

たばこ喫煙の起源はB.C.1,000年頃のマヤ文明とされ、古くからアメリカ先住民の間に喫煙の習慣が広まっていた。大航海時代の到来と共にヨーロッパに伝播し、様々な薬効があると信じられたことと強力な依存形成作用があいまって100年間という15〜16世紀当時としては異例な速度で全世界に広まった。そのため、世界で「tobacco」「tabaco」などとほぼ同じ名前がついている。ヨーロッパ・アジア地域においても、大麻などの喫煙習慣があったとされるが、起源は明らかでない。 葉巻、パイプなど様々な喫煙方法が考案され普及しており、今日世界的にもっともポピュラーな喫煙方法は安価で手軽な紙巻きたばこである。 21世紀初頭の世界の喫煙人口は約13億人でやや増加傾向にあるが、そのほとんどは発展途上国による需要であり、主要先進国を始めとした主な地域では急速に減少している。
喫煙は"喫煙病"という全身疾患であり、喫煙者は"患者"という認識を日本循環器学会等の国内9学会が示している。喫煙や受動喫煙による人体への健康影響については、世界保健機関を含む幅広い機関において多数の研究がなされ、膨大な知見が蓄積しており、世界保健機関は、喫煙を原因とする病気による死亡者数は世界で年間推定約500万人以上と発表している。 一方、タバコ会社、またタバコ会社から多額の援助を受けているジャーナリストや研究者は、こうした世界保健機関等の専門家による疫学的調査・研究に懐疑的な主張を繰り返しており、喫煙は個人の趣味・嗜好と主張している。このため、喫煙や受動喫煙の害について否認傾向にあるニコチン依存症患者が7割を占める喫煙者には、必ずしも十分に認識されていない。
喫煙習慣の有害性が明らかになった近年では、学会や行政の啓発活動によって、欧米での喫煙率は概ね低下しており、社会的に分煙または受動喫煙防止の運動も見られる。しかし世界的には、いまだに病気の原因のうち予防できる最大の単一原因の座を占めるとされ、現在140ヶ国以上が、煙草消費の削減を目的とした煙草広告・販売への規制を実施している

Yahoo! JAPAN

タバコの煙には、ニコチン以外にも活性酸素や数千種の有害化学物質が含まれ、その長期的な影響が医学分野で広く研究されている。各種疾病との因果関係が疫学的な調査や動物実験によって確認されており、喫煙が多くの疾病リスクを高めることは、学界の定説となっている。さらに喫煙は、社会にも様々な不都合を生じさせている。このため、WHOや世界中の多くの行政府は、市民の健康を守り社会への弊害を減らすなどの目的で、タバコ規制策を講じている。
一般人が簡単に購買できるにもかかわらずタバコの毒性は高く、誤飲や大量摂取により急性ニコチン中毒を起こし、場合によっては死亡することもある。詳しくは灰皿・タバコの誤食によるニコチン中毒を参照。
タバコは中枢神経作動薬であるニコチンを含むが、ニコチンには明らかな依存性があることが知られている。例えば動物実験において、レバーを押すことでニコチンを静脈内投与するような仕組みを作ると強化行動が起こる。喫煙の依存性は、喫煙者のうち5割以上の者が禁煙の失敗を経験しており、禁煙の成功率は5〜10%程度であるというデータからも示されている。また、ニコチンの中断により離脱症状を生じるが、これはニコチンの投与によって軽減する 【ウィキぺディアから参照しています】
電子タバコスーパーシガレットはニコチンやタールなどの有害物質が入っていないので安心♪